なかなか残虐性のあるストーリーではないでしょうか。この漫画の前半を見ただけで、ここまでの残虐性のあるストーリー展開になるとは思いませんでした。それくらい、前半はエロとは無関係ですし、空手少女の輝かしい生活が描かれているのです。しかし見終わったあとにもう一度読み返して、弟の立場になると何となく納得できると言いますか、残虐性のあるシーンに繋がるヒントはありました。
不良をボコボコにして、その不良に逆恨みをされて仕返しをされるというのはありがちですが、ボコボコにしただけでは飽きたらずに、弟の強制近親相姦を企むという展開は想像できずに、不良に犯されてしまうよりも遥かに自尊心を奪われる、最悪な展開だと思います。しかし、それが正にリアルなレイプの世界であるようにも感じました。
あんなに強気だった空手少女が、ボコボコにされた挙げ句、弟と強制近親相姦をされて、泣き叫びながら誤り続ける姿はゾッとしますが、リアルなレイプシーンを求めている人にはたまらないのではないでしょうか。姉が優しくて弟思いであるがゆえに、あまりにもかわいそうに見えてしまい、エロを通り越した世界を見せられたような気がします。その後の姉と弟の関係なども気になってしまいました。

異性の兄弟姉妹がいる人は、そほどの理由がない限り、兄弟姉妹とセックスするなんて考えたくないものではないでしょうか。だからこそ、姉と弟にボコボコにされた仕返しをするためには、姉と弟とでセックスさせようという発想が怖すぎです。
不良仲間にボコボコにされてしまい、それでも弟のことを置いては逃げられないと思っている空手少女で弟思いの優しい姉がとうとう下着を脱がせて抱き抱えられて、弟の勃起しているものの上に座らせられて処女のあそこに弟の物を入れさせられるというのはかなりの屈辱だと思います。泥酔している弟が動かないため、それ以上のことは起きなかったものの突然目を覚ました弟が姉のことを助けるのではなく、姉を壊そうとするかのようにつきまくるシーンは生唾を飲み込んでしまいました。抵抗してもやめることはなく、自分たちで二人がセックスするようにしたものの、いざ目の前で弟が激しく腰を振るのを見て、本当にセックスしてると引き気味の不良を見ると、弟の思考がわからずにゾッとします。嫌がる姉に自分のものを注ぐためのようにつきまくる弟の異常性や姉の悲痛な叫びなどが読み終えた後もしばらくは忘れることが出来そうにありませんでした。