「姉の妊活は俺との汗だく種付け貪り交尾」は両親を亡くして二人だけで頑張ってきた姉と弟の近親相姦もののストーリーとなっています。自分のために頑張ってきた姉が旦那との間に子供ができないことで姑にいびられている姉のために、夫が種無しであれば自分が種をぶちこもうと文字通り一肌脱ぐところは姉への愛情が感じられる、ただのエロ目的の近親相姦とは違う興奮があります。
姉の放漫なボディーにしっかりと自分の精液をねじ込む感じは生々しくもあり、一度のセックスではなく、確実に妊娠するように二人の情事が日常となっていき、お風呂でもどこでも構わずに絡み合い、お決まりの中出しを決めるというのは男にしては願ってもないような状況ではないでしょうか。弟がちょっと頼りなさそうにも見えるのですが、セックスでは姉のことを喜ばせようと必死に腰を振る様子はかわいく見えて、年下男萌えの女性でも楽しめる内容です。近親相姦のどろどろとしたような雰囲気もありませんし、寝とりなのに姉のためにヤっているため、罪悪感なども少なめで見ることができます。だんだんと子供を作るためではなくセックスそのものを楽しんでいるようなセックスになっていく姿も見ものです。

スマホ漫画「姉の妊活は俺との汗だく種付け貪り交尾」を読もうと思ったきっかけは「エロ漫画好きの友人の紹介」でした。わたし自身は、そこまでエロ漫画が好きではなかったのですが、紹介されたのでさわりだけでも読んでみようと思い、購読しました。

読んでみた感想としては「爆乳過ぎて、引いてしまいました」。内容はタイトル通りの近親相姦系のエロ漫画なのですが、姉のおっぱいが大きすぎる。現実にこんな人が近くにいたら、男の人も手が出てしまうだろうなと思いました。姉の顔もわたしの好きな感じで可愛く描かれていて、気に入りました。弟の目元が隠れていたのが今ひとつ。友人に聞くと「エロ漫画の男側は、たいてい目元が隠れているか、肌が黒いやつが基本」と言っていましたが、男の方も目元を描かれている方が感情移入しやすいと思うのは、わたしだけなのでしょうか。

内容としては、姉がお酒に酔っぱらってしまい、子供が欲しいという相談をした姉に対して弟が手伝ってあげるという感じです。最初は、実際にそんなことがありえるのかと思ってしまいますが、読んでいると次第に引きずり込まれていくような感じで、スラスラと読んでいくことができます。興奮はあまりしませんでしたが、絵の綺麗さ、セックスの時のリアルさはいいと思いました。